FXの魅力について幾つか紹介したいと思います


株とは違って利益を上げやすい取引であると言われていますが、どのような点で利益を上げやすいのかについて見ていきます。

何と言っても24時間売買が行えることでしょうか。株は決まった時間しか取引できず、その時間を過ぎると手放すこともできません。従って利益が出ていたとしても、次に日になったら急に下落して損をしたということがあるのです。

ho8783FXにはそんなことはありません。取引を始めたい時に初めて、手放したい時に放すことができます。24時間体制で利益を上げ続けることができるので、儲けやすい投資と言ってもいいと思います。

24時間体制で行われていることを利用して、毎日のように売買を繰り返す人もいます。こうした方はデイトレーダーと呼ばれ、その資金だけで生活を行っていることが多いです。つまり稼ぐことができれば、FXだけで生活することも夢ではないのです。最近でいえばハイローオーストラリアのバイナリー取引で生計を立てている方もけっこう出てきているとのことです。

次に通貨の急騰、下落が起こりやすいということです。現在世界的に不安定な状況になっており、いつ通貨の急騰、暴落があってもおかしくない状況です。こうした部分を読み切れば、かなりの金額を手にすることができます。24時間体制で売買が行える点を追加すると、こうした状況にすぐ対応できるという点も魅力なのです。

新興国の通貨は比較的上下動が激しいので、こうした通貨を狙えば利益は上げやすいのではないかと思います。当然スタンダードなドル円だけでも結構な利益は挙げられます。最近は円安傾向で進んでいますが、何時円高に戻るのかはわかりません。こうした所の読み合いも、FXの面白い所です。

そして手数料が安いということを忘れてはなりません。外貨預金や株に比べると、手数料を安くしている会社が殆どなのです。一応手数料として取られる部分はありますが、それはスプレッドと呼ばれるものが差し引かれるだけです。スプレッドは1銭未満に設定されている会社が多く、手数料は殆ど掛からないと言ってもいいと思います。

手数料が掛からないということは、それだけ受け取れる金額が増えるということです。沢山儲けたのに手数料で利益が飛んでしまうということが無いという部分も、FXの魅力的な所だと思います。

近年は通貨危機等も起こりつつあり、変動の激しいチャートとなることもあります。こうした部分を読み切って売買をすることも面白い所ですが、一番いい所は、利益を上げやすい取引法であることです。初心者の方でもすぐに勝つことができる点は、FXならではの良さですね。

先物取引

先物取引と聞いても、投資初心者にとってはよくわからない用語かもしれません。そこで、先物取引の定義を簡単にまとめると、将来のあらかじめ定められた期日に、特定の商品を、現時点で取り決めた価格で売買することを約束する取引ということになります。あらかじめ売買の価格を設定できるため、価格変動の激しい商品などの価格変動リスクを最小限に抑えることができるというメリットがあります。ただし、商品価格の全額をその取引の時点での価額で売買する現物取引に対して、先物取引を行う場合には将来の売買を担保する証拠金が必要になるという条件がついてきます。

ある商品を購入する時期と売買の金額の約束をして、代金後払いで現物を入手するのが先物取引ですので、将来値上がりしそうなものや、反対に値下がりしそうなものを予測して儲けることができます。将来値段が上がると予測している商品を値上がりするまでの価格で購入することを約束して、値上がりによる損を回避することを買いヘッジといいます。つまり、将来値上がりしそうなものを予測して先に買っておいて、値上がりしたタイミングで売ることで儲けることができます。

一方、将来値下がりするだろうと予測している商品を値下がり前の価格で売却することを約束することで、値下がりによる損を回避するのを売りヘッジといいます。つまり、実際に値下がりしたタイミングでその商品を売ったとしても、値下がり前の価格で売る約束になっているため、値下がりによる損を受けず、その差額が儲けになります。この売りヘッジの特色は、何の商品が手元になくても、売りの約束を実行できることにあります。将来その商品を売るという約束をするだけなので、何の商品を持っていなくても取引が実行できるのです。

従って、実際に取引したい商品を購入しなくても、その取引に必要な担保である証拠金が用意できれば取引ができる先物取引は、株等の有価証券の取引と比較して、少額の投資で大きな利益を生み出す可能性があり、投資効率がとても良いといわれています。

それでは、先物取引ができる商品とはどのようなものがあるのでしょうか。先物取引には大きく分けて2種類の商品があります。1つは、小豆などの穀物や石油関連、金などの貴金属など実物のある商品で、商品先物取引といわれるものです。2つ目は、金利や指数といわれる実体のないものが商品となり、金融先物取引といわれるものです。たいてい、先物取引というと商品先物取引のことを指すことが多いのですが、特に初心者にも耳馴染みがあるのは、金の先物取引かもしれません。金は一般の投資家も先物取引に多く参入しており取引量の多い商品の一つであるため、大企業や大投資家などが大量の売り買いをしても価格への影響が小さく、損失も少なくて済むことから、初心者向けの先物取引とみなされています。

とはいえ、先物取引も投資の一つである以上、リスクが存在します。少額の資金で大きな利益を生む可能性があるということは、背中合わせで、大きな損失を生む可能性もあるということを意味します。たとえば、先物市場での取引量が思ったほど行われなくなることもありうるわけで、その場合はあらかじめ決められた時期までに売り買いが成立しない可能性が出てくることを意味します。いわゆる流動性リスクといわれるリスクです。この場合は、儲けるどころか損失が生まれるということになります。他にも様々なリスクはありますが、どのようなリスクがあるかを踏まえたうえで、少額で大きな儲けを狙うのであれば、先物取引は有効な選択肢の一つになるでしょう。